先日お納めした結婚20周年記念の指輪をご紹介します。
当初はアニバーサリージュエリーを新しくお作りする予定でした。
しかし「新しい結婚指輪として毎日着けられるもの」というのもご要望の一つでした。

そうなると今着けられている結婚指輪は下取りとして買取することになります。
しかし、お作りになりたい「意味」を考えますとそれがベストなのか。と考え、結婚指輪を溶かして新しい指輪に作り替えるご提案をしました。

「そんなことができるんですね!」と予想されていなかったご提案に喜んでくださいました。
人と人との温かみを感じるやり取りの中で初めて見えてくるもの。
お客さまの「ジュエリーを作りたい」が叶える本当の内なる願い。
双方のアイデアから新しい発見が生まれるのはオーダーメイドで作り上げる醍醐味の一つだと思います。

ポンデュプレジールは広告を一切出していません。
Webのどこかで見つけてくださったお客さまがこのHPを通じてご連絡いただきます。

便利なもの。
余計なコストを下げられるもの。
そしてデータなど正確さや速さを求められるもの。

そういったものは大いに現代的なツールを活用して、私はお客さまに寄り添う事に専念したいと思っています。

結婚指輪、ダイアモンドがついた指輪をメインに奥さまの誕生石であるガーネット(グリーン)を追加することに。


ご提案のデザイン(CAD)

出来上がりはこのように。

中央のダイアモンドは0.12ctで3㎜ちょっとの直径です。
覆輪(ふくりん)留めと呼ばれる金属でグルっと取り囲む石座にすることにより、一回り大きく見えます。
華奢なだけでは大人の女性は少し寂しく感じてしまうかもしれません。
しかし、ダイアモンドの周りに施したミル打ちとレール留めされた鮮やかなグリーントルマリンが洗練された華やかさを加えます。

右側のネックレスは奥さまがご自分のお母さまに20歳の時に贈られたもの。
こちらをリフォームしてお嬢さまに譲りたい。とのご相談も受けました。

ネックレスのままではやはり年月というか歴史を感じるデザインです。
少し考えて「ブレスレットなら若い世代も着けたくなるジュエリーに変われるのではないか?」と思い、同席されたお嬢さまに「こんなのどうですか?」と聞いてみました。

「わ、かわいい。ブレスレットなら着けたい!」と笑顔を見せてくださいました。
リフォームというには簡単ですが金具を付け替えてブレスレットへ仕上げ直しました。
受け継ぐ、という事自体とても素敵ですが、受け継いだジュエリーを着けて楽しんでもらう。という事もとても大切です。


今はもう使わなくなったジュエリーたちは買い取りへ。
ついている宝石たちは外せるものは外してお返ししています。
「こんな小さな石が?」と思われるサイズでも使える事が多いので次回のオーダー用にとお返ししています。
(ご不要な場合は宝石たちも買取しています)

贈られた奥さまは「キレイ。普段にと思っていたけれどもったいないわ。もったいないわ。」と笑顔。
贈ったご主人は後から「驚きと感動で胸がいっぱいになりました。」とメールが。

ジュエリーを売りたい。作りたい。というより
お客さまの笑顔の為に私ができる一番得意な事がジュエリーなんだと思います。
こういうのを天職と言うんだろうな。と改めて思い、その仕事に出会い、続けられている事は奇跡みたいな幸運なのではないかと思った日でした。

関連記事

◆ジュエリーの良し悪しに100%の正解はない。

◆まるで真珠層のように積み重なっていくもの


今までお手伝いしたジュエリーのご紹介

フォトギャラリー ムービーギャラリー

アイテム別

指輪 ペンダント/ネックレス
ピアス/イヤリング ブレスレット/バングル
ブローチ/タイニーピン その他

Jewelry With Your Story

支えとなるもの ミニマル
受け継ぐ ブライダル
アニバーサリー リペア/メンテナンス

四日市/南青山/表参道/心斎橋/名古屋/博多
あなたの街に参ります
出張のご案内(随時更新)

過去のブログ ⇒「アメブロ
facebook ⇒ 「ポンデュプレジール」
Instagram ⇒ 「kayo_hashimoto

◆ご提供中メニュー(ジュエリー)
未来の自分を支えてくれるあなたのストーリーと思いを美しい形へ
⇒ 「オーダージュエリー
大切な思いはそのままによみがえったジュエリーを受け継いでいく
⇒「ジュエリーリフォーム
諦めてしまう前にぜひご相談ください
⇒「ジュエリーリペア

ポンデュプレジールでのジュエリー制作はこのような流れで進みます。
⇒「ご依頼のながれ
最近はLINEでご依頼を賜ることも多いです。
⇒「LINEでのご依頼のながれ

三重県四日市 ポンデュプレジール
⇒「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ。
移動中、接客中はお電話に対応できないことがあります。
メール、もしくはLINEでのお問合せをお勧めいたします。

LINEでお問い合わせ
友だち追加