ブログ更新、怠っていました。スミマセン。
おかげさまで、毎日楽しく沢山お仕事させていただいています。

業務終了後、ジムにも行ってストレス発散。
充実した毎日です。

昨年末、ふらっと見に行った展示で
「放下著(ほうげじゃく)」という言葉に出逢いました。
これは「こだわり」を捨てる。という事です。

「こだわりを持たない。」というのも実はこだわりです(笑

独立して5年。もうすぐ6年になります。
独立した時に思ったことは
「できること」より「やりたいこと」をやろう。

それから5年、私なりに歩いてきて、最近考えが変わってきています。

独立してから他者との差別化として
自分らしく。自分のしたいことを。と思ってきたけれど。
「自分」という個性は出そうと思って出るものではなく、隠そうと思っていたとしても「出てしまう」ものなのではないかと。

私はたった一人。
もし同じDNAを持った双子がいたとしても同じ人生を歩んでいるわけではないのだから違う「個性」です。
今までの選択肢の積み重ねが私です。

人が私を見て「橋本佳代」だと認識するように
仕事にもきっと「橋本佳代」は出ているのではないか。
隠そうと思っていても出てしまっているのではないか。と。

そんな風に最近思います。
そしてそう思ったらなんだかとても「自由」な気持ちになれました。

例えば
三重にいなくてもいいじゃないか。
お客さまのいるところに行けば。
国内何処へでも。海外にだって行けばいい。

オリジナルのデザインじゃなくてもいいじゃないか。
お客さまの希望するデザインに私の経験からくるアドバイスや調整で十二分に私の個性は出る。

など。

こだわるって実はあまりよくない意味だと聞いたことがあります。
その事にとらわれて自由ではない。ことだと。

それなら私はこだわりっていらないな、と。
そんな風に思いました。
自分で自分の世界を小さくすることはないんです。

ジュエリーの仕事は私の天職です。
そしてこの仕事は「繋ぐ」仕事だと思っています。

私は「こだわる仕事」ではなくて「手を抜かない仕事」これが最近のスタンスです。
お客さまのリクエストを伺い、その言葉の奥に潜む「本当のリクエスト」をふまえてご提案したい。
いつもその時にできる100%、いえそれ以上の仕事でお応えしたい。

そんなジュエラーで私はいたいと思います。
きっとそれが星の数ほどある宝石店の中から選んで頂ける理由の1つだろうと思うから。

※最初の画像は今制作中のピンブローチです。
数種類のデザインの中から右のデザインを選んで頂きましたが
「もっとかわいくできるんじゃないか?」と再考し、石留に変化をつけて再度ご提案。
最終的に真ん中を選んで頂きました。

ほんの少しの事なのですが、小さなジュエリーには大きな違いです。
「その時ご提供できるベスト」を
そして着ける人を「より美しく」
そこに「手を抜かない仕事」を続けていきたいと思います。

過去のブログ ⇒「アメブロ
facebook ⇒ 「ポンデュプレジール」
facebook ⇒ 「ケトミル-Keto Meal-」

Instagram ⇒ 「kayo_hashimoto

◆ご提供中メニュー(ジュエリー)
未来の自分を支えてくれるあなたのストーリーと思いを美しい形へ
⇒ 「オーダージュエリー
大切な思いはそのままによみがえったジュエリーを受け継いでいく
⇒「ジュエリーリフォーム
諦めてしまう前にぜひご相談ください
⇒「ジュエリーリペア

◆ご提供中メニュー(ビューティー)
しっかり食べて健康的に美しく!
⇒「ローカーボビューティーアドバイス
似合う色がわかる、だけではありません。
⇒「パーソナルカラー診断

三重県四日市 ポンデュプレジール
⇒「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ。

LINE@でお問い合わせ
友だち追加